keiko-matsui-at-umina-beach-studioPROFiLE  

Keiko moved to Australia in 1999 and completed a Bachelor of Fine Art (Honours) degree in 2006 at the National Art School in Sydney. Her work begins on the potter’s wheel and is then manipulated, cut and reassembled to evoke a quite and subtle abstraction. Making and reinterpreting objects is her focus. She pays particular attention to the form and proportion, the profile or outline of a vessel and the interconnectedness between the interior and exterior.

She had her first solo exhibition at Sturt Gallery in Mittagong in 2012 after exhibiting many group shows since 2003. Her recent achievements includes Gosford Art Prize (Winner in Ceramics, 2014 & 2012), Vitrify Alcorso Ceramic Award (Finalist, 2013), John Fries Memorial Award (Finalist, 2011) Small Art Object Prize in Vallauris, France (Winner, 2009) and the Woollahra Small Sculpture Prize. (Viewer’s choice award, 2008)

プロフィール

マツイケイコは1999年にオーストラリアに移住し、2006年にシドニーの国立美術学校でファイン・アートの学士号(優等学位)を取得。作品は主に轆轤形成から始まり、変形・切断または再構築をしながら、微妙で繊細且つ抽象的なフォルムを目指している。オブジェを再解釈して制作することにフォーカスすると共に、作品のフォルムや部位の比率、例えば器の外郭や内側のラインとの相関性等に配慮を施している。

2003年以来、複数のグループ展に参加。2012年には、初の個展をミッタゴンのスタート・ギャラリーで催す。近年のコンペ受賞・入選例では、ゴスフォード・アート賞(2012年2014年優勝)ヴィトリファイ・セラミック賞、ジョン・フライズ・記念賞、スモール・アート・オブジェ賞(フランス)、ウラーラ・スモール・スカルプチャー賞等がある。

 —>   BiO+